英語の教材に弱い。

SCRABLEというアプリがあります。

英語版のクロスワードパズルです。

ちょっと勉強しだしたら、結構楽しいのですが、何しろ、単語力がないとできない。

その為、いつも途中で挫折していました。

そう。

単語力。

いつも惑わされます。

日本語でも、語彙力が全てだと言われます。

言葉をどれくらい知っているかで、その人の価値が決まるとでも言うような。

でも、違いますよね?

知っているだけではなくて使えなくてはいけないのです。

が。

その前にはやはり、知らないといけない。

ジレンマです。

いや、違います。

圧倒的なINPUTがあって、ほんの少しのOUTPUTができるようになるのです。

そんなことを考えていたら、また教材をポチってしまいました。

2000語で英語は完成できる。それを実践する教材。

1500語で英語が喋れるとは、グロービッシュの英語習得方法ですね。
これは、仕組みがよくわからず、実践していないのですが、気になります。

アメリカの子供が2000語覚えると普通に会話が成り立つようになると言うのは
アルクの2000語絵辞典で書いてありました。

この教材はとてもいい。
小学生のお子さんにぴったりです。

それは置いといて、大人だって、2000語習得すれば話せるようになるのです。

ということらしい。

で、申込んだところなので、実践期を書くことにします。

毎日書かなければと思えば、やろうと思うだろうし。
万年3日坊主のPenguinを応援してくださいね!

penguin

英語ペラペラになって世界中にお友達を作るのが夢なんだけど、ホントに夢で終わっちゃうのは嫌だ!学校からは遠く離れた主婦が一念発起して、ペラペラの道を目指します!

☟鬼教官募集中( ✧Д✧) カッ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

penguin

英語ペラペラになって世界中にお友達を作るのが夢なんだけど、ホントに夢で終わっちゃうのは嫌だ!学校からは遠く離れた主婦が一念発起して、ペラペラの道を目指します!